TOP┗サッカー少年時代 ≫ 今までで一番感動した試合

今までで一番感動した試合

この土日はこつのサッカーの大会でした。
それも日本サッカー協会の公式大会
その試合で心に残る試合があったので
忘れないうちに、書き記しておきたいと思います。

サッカー日本代表の試合も大好きでいつも
楽しく応援しながら見てますが、
自分の息子がいるサッカーチームになると
また違った思いもあり、子供達の必死な
頑張りにホントに感動を貰いました。


★★★

まず中越地区の予選1次リーグ
全部で48チームくらいだったかな。

中越地区だけで48チームなので
上越、下越も合わせるとかなりのチーム数になります。

1ブロック4チームで上位2チームが
地区の決勝リーグに進めます。

さらに地区の決勝リーグを勝ち上がると
県大会予選リーグに進み

さらに勝ち上がると県大会の決勝リーグ
そこで優勝すると県代表として全国大会に行けるという

県代表になるまでの道のりからしてかなり
勝ち進まないと…なのです。



まず地区の予選リーグがはじまりました。
3試合あります。
勝つと勝ち点3、引き分け勝ち点1、
勝ち点の多い上位2チームが、地区の決勝リーグに進めます。

1試合目、かなーりラフなプレイをする
手強いチーム
負けました。
1-3だったと思います。
ゴールキーパーがケガしました。
かなりラフなプレイが多く、ケガ人が一人だけで良かったくらい…
フツーにボールを蹴るフリをして、足を蹴ってくるそうです。
言葉も悪くて「うざっ」「アホか」「シネ」とまで言うらしく
審判から注意を受けてました。
こつFWでしたが、舌打ちされたり、足を蹴られたそうです。
こんなチームもいるのか??とビックリでした。
まあ監督が言葉悪くて乱暴なタイプだったな。。。



気を取り直して
2試合目、圧勝
8-0
キャプテンのダブルハットトリック
面白いくらいに点が入りました。
こつFW、カウンターの大チャンスあり
ドリブル突破からキーパーかわして
左にトラップしてシュート打とうと思ったところで
後ろから来てた相手DFに阻まれました。おしかった。
DFが来てなかった右にトラップを出せば良かったそう
後からキャプテン、コーチに怒られてました(- -;)
まだゴール手前でDFの位置まで確認してる余裕がなかったんだろうな。
こつの課題です。



ここで1日目終了
1日目が終了した時点で翌日の3試合目は引き分け以上で
地区の決勝リーグに進めることがわかりました。
しかし、翌日の相手は強くて有名なナガオカのチーム
過去何十年さかのぼっても勝ったのは1度だけらしい。監督談。



その地区決勝リーグに進めるかをかけた試合が…
良い戦いでした。



翌日、
試合前のミーティング
こつはこの日は右サイドバックとのこと
相手の足が早い身体も強い、守備を固めるとのこと、
日本代表だとうっちーと同じでイケメンポジション(笑)
ワタシが勝手にイケメンポジションって言ってるだけだけど。


キックオフ
試合はじめは相手ペースでなかなかリズムがつかめず
相手に1点…、2点目入れられ
コーチからは「下向くな、顔上げろ」と激が飛びます。
なんとかキャプテンのゴールが決まり1点入り
前半終了時点で1-2
ハーフタイムで監督、コーチからいろいろ指示があった模様

後半始まってすぐ、相手に1点入れられ1-3
2点差か…厳しくなった…と思ったところで
キャプテン意地のゴールで2-3
あと1点、祈る気持ちで応援!!
相手チームもかなり攻めて来ます。
後半、疲れてくるとなかなか走れなくなって来ます。
でもそれは相手も同じ、より走ったチームにチャンスが来ます。
なんとキャプテン3点目入れてくれました!!3-3

残り5分くらいです。
チーム11人で守備を頑張ります。
相手チームは引き分けでは地区決勝リーグに進めないので
勝ちに来ます1点を取りに死にものぐるいで攻めて来ます。でも守ります。
こんなに5分が長いと思いませんでした。

「ピッピー」試合終了。
引き分けました。

相手チームの子達は泣いてました。
と思ったら、我がチームの6年生の母達も泣いてました。

ホントに手に汗にぎる試合で、いっときも目が離せなかった。



地区決勝リーグに進出です。やったー♪
負けたチームは午前中で終了。
午後に地区決勝リーグです。



この地区決勝リーグ1試合に勝つと県大会予選に行けます。
今の5.6年生チームは地区決勝リーグまではいけても
県大会予選に行けた事はなく、是非とも勝ち進んで
こつ含めこの子達が新潟ビッグスワンでサッカーする姿を見て見たい。
と親バカながらひそかにあわーい期待なんかもしてました。

この2日前には新潟ビッグスワンで日本代表対UAEの試合が行われてたような場所です。



さて、そんな決勝リーグ
相手は何度となく対戦したことのあるチーム
そして県大会にも何度も行っている強豪チームです。

試合前ミーティング
こつはまた右サイドバック
相手チームの背番号5.7.10の3人がトレセン(地区の強化選手)にも選ばれている
特に上手い選手とのこと。

こつはその7番のマークにつくよう指示されたらしい。(後から聞いた
とにかく試合中、ずーっと7番とやりあってたこつ。
パスコースをふさいで、とにかくプレッシャーをかけて、
チャンスがあったらボールを奪えと言われて
シュートを打たせないように頑張ったらしい。とこつが言ってた。


試合はまた前半の最初は相手ペースになり、前半終了時点で0-2
後半キャプテンの頑張りで1点取るも1点とられて1-3
しかしペナルティエリア内で倒されPK獲得
キャプテンが難なく決めて2-3
さっきの試合と似てきた、なんか行けそうかも。
と思ったけど、なかなか3点目が決まらず。
2回もコーナーポストに当たった。
惜し過ぎる。

あと5分あれば…のここで試合終了。
負けました。
相手チームが喜びの歓声。

残念だった。
6年生にとっては最後の公式試合。
キャプテンは本当に気持ちの入った、素晴らしいプレーが沢山あった。
試合終了後にチームテントに戻ったら、悔しくて
しばらく動かなかった。



こつは7番のマークによくついていたと言われたらしい。
実際、走り負けてもなかったし
シュートを打たせたのも1回だけで、コースをふさいでたので入らなかったし
7番を活躍させなかったので、頑張ってはいましたが、が、
「もっと相手と戦えたはずだ!!」とコーチに言われてました。
戦う気持ちで負けては相手にボールを奪われます。
もっともっと気持ちを強く持って戦う!!
気持ちを入れて戦う!!
これが今のこつには必要なのかな。



とても良い試合が見れて、残念ではあったけど
気持ちの入った試合ってこんなに素晴らしいんだな。
頑張るって素晴らしいな。
とワタシ自身が子供達から学んだ気がします。
5年生のこつはまだまだで活躍出来るほどの
実力もメンタルも足りないけど、
来年のこつが6年生になった時のこの大会が楽しみでもあります。


再来週には5年生大会もあるので、
今回の試合で学んだ事を生かしてくれたらなーと思いました。

サッカーって楽しい!!



長い文章になりましたが、是非とも書き留めておきたい
と思ったサッカーの試合でした。
これ以上のさらに素晴らしい試合が見れるのを楽しみに
こつの1番のサポーターでいたいと思う母なのでした。
スポンサーサイト
Comments (-)Trackbacks (-) | ┗サッカー少年時代